アクセスカウンター345579
Since 2014/01/06

更新履歴

 

パブリックスペース

松山下競技場カレンダー12/10 23:39
白井運動公園カレンダー12/10 23:38
白井運動公園カレンダー12/10 23:38
白井運動公園カレンダー12/10 23:37

          齊藤 秀樹  監督

 
 

監督から

日誌 >> 記事詳細

2018/10/19

運動ができる子は勉強もできる(監督から)

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフ

   運動ができる子は勉強もできる   監督 齊藤 秀樹


   確か前にも書いたことがあるような気がしますが、今回はこの話題を紹介します。
  「運動神経がない」から運動は苦手、という話をよく聞きます。しかし「運動神経がない」人なんてこの世に誰一人いません。自転車は、小さい頃にがんばって練習して一度でもできるようになったら、その後は一生乗れます。
  しかし、子どもの頃に乗れるまでがんばらなかった人が、大人になって自転車の練習をしても、乗れるようになるには子どもの何倍も努力が必要になります。運動神経が鈍いのは生まれつきではなく、ある運動をできるまで練習したかどうか、つまり、できるようになるまでがんばったかどうかで決まります。決して遺伝で決まっているわけではありません。
 
  日本人は右手で文字を書く人が多いのですが、それはいつも右手で書いているから上手になったのです。ケガなどをして右手が使えなくなってしまった人たちの中には、努力して左手で上手にかけるようになった人がたくさんいます。
  できるようになるまでの練習時間が長いか短いか、回数が多いか少ないかは個人差がありますが、できるようになるまで最後まであきらめないでがんばれば、誰でも必ずできるようになります。
 
  一般に「器用だ」「上手だ」と言われている人は、子どもの頃に身体を使ういろいろな遊びを体験して、様々な運動のパターン(感覚)を獲得している人です。そのパターン(感覚)は、小さなプログラムになって「脳」に格納されます。それが多ければ多いほど、手先が器用だったり、巧みに身体を動かしたりすることができるようになります。また、将来新しい動きや技に初めて出会った時も、以前に獲得したパターンを加工すればすぐにできるようになります。
  このように子どもの頃に遊びや運動を通してたくさんの動きを脳に格納しておくことが、将来運動ができる子を育てます。
 
  ところで皆さんは「運動ができる子は勉強がダメ」一方、「勉強ができる子は運動がダメ」というイメージを持っていませんか。確かにスポーツばかりに夢中になって全然勉強しない子は、成績がよいはずはありません。しかし、前述したとおり「運動」と「脳」は実は深い関係があるのです。「勉強はアタマで、運動はカラダで」とか、「うちの子は頭が筋肉だから…」なんて思っている人がたくさんいます。
  しかし、ものを覚えたり、考えたりするのも、身体を器用に、巧みに動かしたりするのも、全て「脳」がするものなのです。
 
  ここ数年の研究では、“運動ができる子どもの方が、できない子どもより学力が高い”という結果が数多く発表されています。
  ではなぜ運動すると勉強もできるようになるのでしょうか。一つは、運動すると「脳が活性化される」ということです。私とよく書籍やDVDやテレビ出演をする東京大学大学院の深代教授は、これを「運脳神経」と呼んでいます。もう一つは、運動すると「活力」が育ちます。これは私が教育に一番大切な源だと思っている能力のことです。「活力」とは、自ら「わかるようになりたい。できるようになりたい。うまくなりたい。勝ちたい。」というエネルギーのことで、これがないと子どもは伸びません。一般には「やる気・意欲」と呼んでいるものです。

  SAAは、これからも陸上競技の基礎となる感覚づくりや動きづくり等を通して、脳の活性化を図り、活力を高め、「かしこく、たくましい子」を育てていきたいと思います。


14:38 | 投票する | 投票数(82)