アクセスカウンター864427
Since 2014/01/06

更新履歴

 

パブリックスペース

白井運動公園カレンダー11/25 09:52
白井運動公園カレンダー11/25 09:51

クラブ紹介

「父親」と「母親」の役割(監督から)日誌11/25 07:49

フォトギャラリー

第7回 Long Distance Run日誌11/23 16:37

          齊藤 秀樹  監督

 
 

監督から

日誌 >> 記事詳細

2022/09/23

「競争心」について考える②(監督から)

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフ
 「競争心」について考える②  監督 齊藤 秀樹
  
 先週は競争心を「ただ勝てばよい」というマイナス面ではなく、「勝つために最大限の努力をする」というプラス面で考えていく必要がある。というところまで書きました。今回は「子どもをダメにしてしまう競争心の使い方」(マイナス面)について考えてみます。
 
 親なら誰しも我が子をよい子に育てたい。何としてもがんばってほしいと願い、大きな期待をかけていることと思います。これは当然のことだし、なくては困ります。 
 しかし実際には、なかなか親の思い通りにはいかないことも事実です。そこで親として様々な働きかけを子どもにしますが、その1つとして「競争心をあおる」という方法を取ることがあります。しかし、実はここに大きな落とし穴が潜んでいる場合があるのです。今回は実際に私が担任時代に出逢った事例から「競争心の間違えた使い方」について考えてみたいと思います。

事例①
   マラソン大会が間近に迫ったある日のこと、S君が私の机の前にやってきて「先生、今度のマラソン大会で10位以内になったら、お父さんが自転車を買ってくれるって。僕がんばるから。」とうれしそうに話しかけてきました。私も「よかったな。がんばれよ。」と励ましました。いよいよマラソン大会当日、私は各学年の子どもたちと一緒に走っていましたので、結果については全く知らずに、大会後の後片付けをしていました。そこへS君と仲の良いT君が困った顔でやってきて、私にこう訴えました。「先生どうしよう。S君が順位カードを取り替えてくれってしつこく言ってくるんだ。一生のお願いだから。一番の親友だろって…。」実はS君が11番でT君が10番だったのです。
 
 実はこういう話は珍しいことではありません。「成績が上がったら小遣いを増やしてくれる。」「100点取ったら、100円くれる。」「優勝したら携帯電話を買ってあげる。」「…。」何としてもがんばってほしいと望む親の働きかけが、「物」や「金」でやる気を出させ、競争心をあおるという形になってしまった結果、子どもは不正だとわかっていても無理をしようとします。そして、これが繰り返されると、報酬なしには努力をしない“打算的でずるがしこい子”になってしまう恐れがあります。

事例② 
   数十年前の家庭訪問での出来事です。玄関に入った途端、「先生、うちの子いい子でしょう。私たち夫婦の自慢の子どもなんです。」と突然待っていたご両親に言われたことがありました。
 その子は確かに性格も穏やかで、友人にも優しく、勉強も出来る子でした。でもなぜか伸び伸びとした子どもらしさがない子だなと思っていました。そんなある日、私は信じられない光景を目撃してしまったのです。朝早く誰も登校していない教室で、その子が今日実施する予定のワークテストの解答を、私の戸棚から盗み見しているところを…。放課後その子を呼んで、なぜそんなことをしてしまったのかをよくよく聞いてみると、涙ながらに「どうしても百点を取って、お父さんとお母さんにほめられたかった。」「両親の喜ぶ顔を見て、あなたは本当にいい子ね。」と言われたかったそうです。「先生うちの子いい子でしょう。私たちの自慢の宝物なんです」と言われ続けてきた結果がこれです。その子は残念ながらその後も、冬休みの書き初めの宿題に、私が全員に書いて配った手本を、明らかに下に敷いて写し書きにした作品を持ってきたことがありました。理由は前と同じ、良い賞を取ってほめられたかったからだそうです。ダメだと言われ続ける子もかわいそうですが、良い子と思われ続けるのも辛いものです。親の勝手な世間体や見栄で、常にプレッシャーを受けて、無理によい子を演じてダメになっていく子というのも少なくありません

 このように、目先のことだけを考え、あせって結果を出そうと誤った競争心の使い方をすると、後で取り返しのつかないことになります。競争心は必要だと思います。しかし、その使い方によっては善にも悪にもなる可能性があることを心に置いて、広く長い目で、今子どもに何を培うことが必要なのかを考えることが大切だと思います。    
                                   つづく

16:02 | 投票する | 投票数(239)