アクセスカウンター340714
Since 2014/01/06

更新履歴

 
表示すべき新着情報はありません。

          齊藤 秀樹  監督

 
 

監督から

日誌 >> 記事詳細

2018/06/27

信じて、任せて、やらせてみる(監督から)

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフ

 信じて、任せて、やらせてみる   監督 齊藤 秀樹
 
   あるハンバーガーショップに勤めだした子が、新人研修の中で、客が来たときの対応の仕
方を習ったそうです。まず元気な声で明るく「こんにちは。いらっしゃいませ。」続いて「お持ち帰りですか。ここでお召し上がりですか。」を確認する。…。


  ある日、一人の客が入ってきて「ハンバーガーを30個ください。」と言いました。するとその新人はとっさに「お持ち帰りですか。それともここでお召し上がりですか。」と言ったそうです。するとそれを聞いた客は呆れたように「30個もここで食べられるわけないだろう。」と激怒したという笑い話です。

  一般にこの新人のような子を「指示待ち人間」とか「マニュアル人間」と呼びます。この人たちは、指示されたことは、その通りきちっとやりますが、自分で考えたり、場に応じて柔軟に判断することができないというのが特長です。


  今からもう30年位前のことですが、小学1年生に自分たちで切符を買わせて、電車に乗って校外学習に連れて行こうという行事がありました。
  駅で電車を待っているときに、あるベテランの学年主任の先生から「電車が来たら2列にしっかり並んで乗りなさい。」という指示がありました。間もなく駅に電車が到着し、何両かに分かれて並んでいた子どもたちが一斉に電車に乗り込みました。すると隣のドアの入り口付近から「先生もう乗れません。」という叫び声が聞こえてきました。「こんなに空いているのにおかしいな」と近づいてみると驚きの光景を目の当たりにしました。なんと!先頭の子は反対側のドアにピッタリと顔を押しつけられ、その後ろにまっすぐ並んだ子どもたちが押し合いながらくっついていて、最後の子が「入れない。入れない。」と泣きべそをかいて叫んでいたのです。「電車の中に入ったら横に広がっていいのよ。」を先生が言わなかったために起こった大事件でした。


  私はこの事件を研修会や保護者会等でよく先生方や保護者に話しますが、その反応は「なんてかわいらしい。素直でいい子たちなの。」と微笑ましく感じている方々が多いような印象があります。
  しかし、私たちは今までの子育てや教育の中で、「言われたことをきちんとやる子がいい子」という教育を繰り返していくうちに、子どもたちから何か大切なものを奪ってしまっているような気がしてなりません。そして大人になっても、前述の店員のような指示待ち、マニュアル人間を数多く育ててきてしまったのではないでしょうか。


   子どもたちに「何でも好きにやってごらん。」と“自由”を与えてみると、最初は「何でも好きなことができる。わーい。」と喜びますが(解放の自由)、そのうち「自分の責任で、考え、判断し、行動しなければならないのは大変だ。」ということに気づいてきます。体験を通して「自分で決めてやったことは、全て自分の責任」という‘自由と自己責任’の関係がわかってきます。


   「先生や親の言うことを聞く子」はいい子です。しかし「先生や親の言うことしかできない子」「言われなければやらない子」はダメな子だと思います。


    「いつまでもあると思うな親と金」という格言ではありませんが、教育の究極の目標は“子どもの自立”です。子どもを自立させるためには‘自分で考え、判断し、決定していく力’=“生きる力”を育てなければなりません。
   「信じて、任せて、やらせてみる」という体験を子どものころから日々実践し、身につけていくことは、子どもの将来にとってとても重要なことだと思います。


08:40 | 投票する | 投票数(65)